離婚訴訟をするためには、訴状が必要になります。 では、訴状には何を書けばいいのでしょうか? 訴状に書くのは、以下の通りです。 ・主張内容 ・条件 ・事実 訴状と聞くと?多く書かなけれねならないイメージが強いですが、書くというのはこの3つだけで十分です。 何を主張したいのか、どのような条件を希望するのか以外に、訴訟に合う事実を書いてください。 そして、訴状を書く時には感情論は不要です。 専門用語を使わなけれねいけないと勘違いしている人もいらっしゃるでしょうねが、そんなことはありません。 専門用語を無理に使用する必要はないので、自分の言葉で丁寧に書きましょう。 これらのポイント(ここを押さえるかどうかで上手くいくかどうかが決まったりしますね)を押さえておけば、問題無く訴状を作成する事が出来るはずです。 もし、自分では作成出来ないと思うのであれば、弁護士に相談するのも良いかもしれません。 お金はかかりますが、訴状を作成する手間を省くことができます。 また、お金をあまりかけたくない場合は、司法書士にお願いするようにした方がいいですー